私立さくらんぼ小学校

私立さくらんぼ乳学校


炉姦12 〜アリスたちの膣と感触〜
【12人の女子小学生とセックス】
おさわりシステムを使った
性交体験オムニバス!
12シーンすべてセックス



2018.06.18 炉姦12・ご感想紹介!その5

2018.06.13 炉姦12・ご感想紹介!その4、万引き家族

2018.06.04 炉姦12・ご感想紹介!その3他

2018.05.24 炉姦12・ご感想紹介!その2)

2018.06.18 炉姦12・ご感想紹介!その5

炉姦12 〜アリスたちの膣と感触〜 へのご感想

シチュエーションが最高です!!

送信日時:2018/06/16(Sat) 01:52
炉姦12買いました!
銭湯や教室等の場所や褌パジャマ姿等のシチュエーションが最高です!!
ただ一人一人のシーンのやれることが前回より少ないのが少し残念です。
僕的には学校や銭湯等の場所の中で色々なことが出来たほうが嬉しいです!
パンツを履いてるシーンや色んな柄のパンツを出してくれると嬉しいです。絆創膏でも
あと今回のボイスも好きですが僕的には低い声の方がしている相手にもよりますが大人とイケない事をしている感じがものすごく出ている気がします特にこっちが言った言葉を言うところは言わされている感や無知でいている感じが増している思えます。
我儘や不満ばかり言ってごめんなさい。
この先もロリコンの夢や妄想を詰め込んだ作品を待ってます!!

ご感想、ありがたく頂戴いたします!

銭湯、教室といった場所がいいというご感想は、なかなか珍しいですね! 言われてみれば、銭湯などはありそうであまりないシチュかもしれません。

ですが、ロマンはありますよねw 銭湯で見かけた女の子にいたずらしちゃうという穢れた大人のロマンが(苦笑)

シチュエーションが少ないという点につきましては、そうですね、今回のセックス特化というコンセプトは一長一短あるということでしょうか。

様々なシーン、シチュエーションで、色々な行為が見たいというご意見、受け止めておきたいと思います。

パンツについてもおっしゃる通り! いつもは1キャラでゲームを構築するため、パンツを変えることができないんですよね。日が変わらないのにパンツが替わっちゃうとおかしいですから。しかし今作は各シーンごとにキャラが違うので、色物パンツを表現するチャンスでした。これは完全に失念しておりました。お恥ずかしい限りです。そこをきっちり見抜く点はさすがですねw

声についてですが、これもご指摘の通り、今回はちょっと高めの声が多かったですね。いやあ、よくお気づきになられるw

ただ、これは言い訳させていただくと、声優さんにもよるので、難しいところでもあります。

いたシミュはマコちゃん役の佐倉もも花さんが上手すぎってのもあります(苦笑) マコちゃんの幼女感、すごいですからねw

しかもそれでいてかわいい!(←これがすごい) 低い声で演技が出来て、魅力的なお声ってのは、奇跡的ですよ本当w

次回作ではもっと幼女っぽい低い声を心がけたいと思います。が…、声優さん次第かなあ…(苦笑)

こちらこそ言い訳ばかりで申し訳ございません!

今後もご期待にお応えできる作品を作っていく所存ですので、お付き合いいただければ幸いです。

ご感想ありがとうございました!

お返事

送信日時:2018/05/19(Sat) 16:42
ロリコンの方が子供が巻き込まれる事件を悲しみ怒りを感じると思います
子供を大切にしたいという気持ちと無茶苦茶に汚したいという相反する気持ちを矛盾することなく持っていられるのがロリコンだと信じてますので・・・

こういう事件が起きるとゲームやアニメのせいにする連中はやはり出てきます
そんな中、家族と食事に出かけてた小1の女の子がその飲食店のトイレで犯されるという事件が起きました・・・
幸い犯人は捕まりましたが
「トイレに入ったらたまたま女の子がいたので、ムラムラしてやってしまった」
という許せない供述をしたそうです

人間は想像する生き物
空想や妄想で満足出来る知的生命体なんですよ
トイレに女の子がいても家に帰って頭の中で好きなだけ犯せばいいだろ
(この考え自体ヤバいのかもしれませんが・・・)

ゲームやアニメなんかは疑似的な体験や同調を体感させ満足させるツールにすぎません
人を殴ったり犯したり殺したりなんか疑似体験で充分
実際にやったりしたら後味悪いと簡単にわかりそうなもんでしょう
架空のことだから表面的な爽快感や快楽にひたれるんです
でもそのリアルとフィクションの差がつけられない人間が増えてきているというのも事実なんでしょうね・・・
そんな人間のせいで規制が強化されるなんて馬鹿馬鹿しいし許せません
子供が被害にあった事件をロリコン達に裁かせれば確実に死刑です(自分も死刑に投票するでしょう)

車で拉致やトイレでレイプなんかはエロマンガなんかでは定番なので関連性を指摘する連中も出てくるでしょうね
自分が今1番心配してるのは公園でこんな事件があったなら・・・
間違いなく「いたシュミ」を叩く連中が現れるでしょう
下手すれば発禁にまで追い込まれるかもしれませんし、さく小そのものの存在も危ぶまれるかも・・・

ネトカフェの無差別殺人など自分にブレーキかけれない人が増えてきて嫌な世の中になったな・・・と思わずにいられません
そういう人たちはきっと明日楽しいことがないんだと思います
自分は他人から見たらくだらないと思われるかもしれませんが来週のアニメやドラマの続きが気になって犯罪なんて犯せません
楽しみなゲームの新作もやらないで死ねますかって感じですw

もちろんこれからもさく小の新作をやりたいので頑張って生きていきます

お便りありがとうございます。

その事件は存じ上げなかったのですが、被害に遭った女の子を思うと悲しい気持ちでいっぱいになります。

なにも、射精するのにわざわざ無関係の女の子を巻き込むことないじゃないかと。

空想で満足できる知的生物というおっしゃりようは、強く賛同いたします。

自慰をサポートするツールは僕たちのような者が様々な性癖の方に向けて作っているのだから、それを当たるか、なければ自分で作ればいいんです。

女性に迷惑をかけることなく、僕たち男が内々に処理するべきだと思います。そのためにエロゲーやエロ漫画といったものがあるんですものね。

貴方様の御説にはいちいち納得させられてしまいます。

ただ、一点だけ、差し出がましくも異論を申し上げさせていただきとうございます。

『リアルとフィクションの差がつけられない人間が増えてきている』は、僕は違うと思います。

区別が付かない人って、ほぼいないのではないかと思うのです。

たとえば、エロ漫画を読んでいて、ハッと気づいたら女性をレイプしていた人っていないと思うんです。

あるいはドラゴンボールやワンピースを読んでいたら、知らぬ間に人を殴っていたとか…。

殺人犯役ばかりやらされてた役者さんは、影響されて人を殺すようになるかっていうと、そんなわけないですよね。

多くの犯罪者はリアルとフィクションの区別が付いた上で、行為に及んでいるはずなんですよね。

メディアは動機に影響を及ぼさないということは、メディア効果論の否定によって証明されていると聞き及んでおります。

『リアルとフィクションの差がつけられない人間が増えてきている』と言ってしまうと、『フィクションが性犯罪者を作る』という迷信を肯定してしまいます。

ですから、この部分に関してはお考えを改めた方がよろしいかと僭越ながらご進言させていただきますね。

(なお、規制派に対して、嫌みとして『区別が付かない』と揶揄するのはまた別の話だと思っておりますw)


さて、公園で事件があれば、おっしゃるように槍玉に挙げられることもあるかと思います。大衆の暴力というものは、以前にも全国ニュースになるという貴重な体験をしたことがあるのでわかっているつもりです。あれは本当に怖いものです(苦笑)

しかしだからこそ、メディアは人に影響を及ぼさないということを、我々は徹底しないといけないのだと思うんです。

エロ漫画を読んだら女性をレイプする…などというありもしない迷信を許してはいけないんですよね。

作品はどこまでも自由でなければなりません。そうでなければ、自慰のツールとして種々の性趣味をカバーできませんから。

もちろん性癖をカバーするのは、犯罪の抑止のためではなくて、あくまで性処理のためです。趣味のためですw

だってエロゲーがなくなったからといって、子供を殴って黙らせてレイプするわけないですからね。最初からしない人は、最後までしないものですよ。

どうかこれからも安心してゲームをお楽しみください!

お便りありがとうございました!

送信日時:2018/06/05(Tue) 21:18
>新しいゲームの企画やってるからかな。

おーもう新作の準備が始まっているんですね(歓喜)
いたシュミ2かな?それとも全く新しいタイトルなのかな?どっちにしろ楽しみですよ

もし出来れば新作では「お口溜め池ゴックン」やって欲しいです
前作でマコちゃんに舌上発射やったのが最高にエロくて抜きまくったのですが飲んでくれなかったのが唯一の不満だったので・・・
それに今作で複数の男子達にブッカケされるのが最高にエロかったので是非

例えばザーメン係で

男子A「うわ授業長引いたせいで休み時間ほとんどねえぞ」
男子B「輪姦してる時間ねえな」
男子C「よし皆で十河のクチにブッカケようぜ」
男子D「いいね親父のAVで見たことある。1回やってみたかったんだ」

そしてクラスの男子全員のザーメンをクチに・・・

男子E「うわ外しちまった」
男子F「へたっぴw」
男子E「うるせ!十河がもっとクチ広げねえから入らなかっただろ」
美咲「モゴモゴモゴ」(これ以上クチ開かないよ・・)

的当てゲームみたいなノリでやってくれれば最高です
(例によって美咲ちゃんの扱いはこんなんですw)

20人分(多分これくらい)のザーメンをお口いっぱいに溜め込んでゴックンしてくれたならテクノブレイクしてしまうw

お便りありがとうございます。

次回作の制作は始まってます。ただ、最初は企画が2つ3つ並行して最終的に一本に絞られるので、まだなにをやるかは決まってないんですけどねw

お口ため池ゴックンですか。いいですね。

分かりました。採用するかどうかはともかく頭に入れておきますね。


複数ぶっかけはいつかやってみたいですねw

それにしてもザーメン係は汎用性が高いですな。

どんな形にしても美咲ちゃんはかわいそうな感じが出て、実にエロくなると思いますw


とはいえ、女子は女子で男子の思惑通りに行かないよう立ち回るので、なかなかゴックンしてくれないのではないかと思いますが(苦笑)


ザーメン係はまた機会があれば書いてみたいネタではあります。

お便りありがとうございました!

今週はここで

すみません。今週も短いですが、この辺で!

2018.06.13 炉姦12・ご感想紹介!その4、万引き家族

万引き家族を見てきました!

近年まれに見る面白さかも!!


社会の底辺に生きる人たちが家族のように寄り添って生きるという話で、前半は『外側から見ればただの犯罪だけど、内にはかけがえのない絆がある』という方向で描くんです。

しかし後半これが崩壊する。

で、ここがすごいんですよ。


大人は全員、利己的にしか動いてなかったことが明るみに出るんです。

おばあちゃんは義理の孫を使って復讐していただけ。

おかあちゃんは娘・息子が欲しかっただけ。

おとうちゃんに至っては、嫁が「家族だ」と言えば、「皆は家族だ」といい、嫁が「やめる」と言えば「俺は父親をやめる」と言う…要は嫁しか愛してない人なんですよね。「俺たちは家族だ」なんて言ってたけど、実はそんなこと欠片も思ってなかった。


一方で、子供たちは本当に純粋なんです。

お姉ちゃんはただ一人、崩壊後の家に戻ってきているんですよね。

お兄ちゃんは妹を守りたくて家族の犯罪を正そうと、自ら捕まるわけです。

そして、妹ちゃんなんて、最後のシーン、玄関前で遊んでるんですよね。信じて待ってるわけですよ。万引き家族を。


テーマは『家族は盗めない』『大人は利己的ゆえ家族の絆は大人には作れない』ということだと思うんですが、その中に『打算がないと動けない大人』と『他人でも信じることのできる子供たち』という対比がある。

つまり『子供の愛』が描かれてる。


物語はバッドエンドで、なかなか悲惨な事実を突きつけてくるのですが、しかし『子供』という希望を僕たちに見せてくれる。そういう映画でした!


いやあ、子供って本当にいいですね!!w

お返事

くまき先生、先日の悩み相談ありがとうございました。
ご助言いただいたおかげで、私は大丈夫と冷静でいられるようになった気がします。
とにかく手順を進めていかないように、コントロールしながら気を付けて参ります。
あとはコントロール用のおかずが、いわれのない制限を受けないことを願うばかりです。

先週、お便りにお返事した、妄想が強くなっていくというお悩みをくださった方ですね!

こちらこそ、拙い内容で申し訳ございません!!


ただ、すみません、読み直してみたら、大きく不足していた部分があることに気づきました。

自分語りがしたかったという欲求があったのと、あと、次の新作のことを考えてるのもあって、小児性愛者=チャイルドモレスターといった書き方になってしまいました。だけど冷静に考えてみれば、違うんですよね。お恥ずかしい限りです。

というわけで、改めて追記させてください!


それで本題なのですが、まず僕たちはまず考えなくちゃいけないことがあると思うんです。


それはご自身が「接触型」なのか「非接触型」なのかということ。


小児性愛者も大きく分けて、「子供に実際にいたずらしてしまう人」と「まったくしない人」がいるのだそうですね。

そして、実際に手を出してしまった人を、チャイルド・モレスターとして明確に区別します。


これ「ヤンキー」と「ヤンキー漫画を読んでる人」くらい違うんですよね。

メディア効果論などと合わせて考えると、「漫画を読んだからって、不本意にもヤンキーになる」ということはあり得ないと言えます。

もちろん『本意』であれば、ヤンキーになってしまうこともあるでしょう。

そういう意味で、先週の僕が書いた内容は、非接触型小児性愛者が『本意』を抱かないように気をつける方法と言えると思います。


小児性愛者とチャイルドモレスターは、まったく違う人種なので、アドバイスが違わないといけないわけです。

ここが先週、忘れていた点です。


もし貴方様が接触型であり、もしかすれば今までになにか事件を起こしていらっしゃる人であるのなら…すみません、僕には力不足です。

もっとふさわしい方のアドバイスを受けてください。


僕はあくまで非接触型の小児性愛者なので、僕には接触型の方の苦しみがわからないのです。

あ、もちろん、貴方様が同じ非接触型であれば、今週の話は関係ないので無視なさってください。


というわけで、すみません。

先週のお返事が非接触型小児性愛者に対してのものだということをすっかり失念しておりました。

あと、非接触型としても僕は創作で発散しているタイプなので、アドバイスがあまり有益ではないかもしれません。


ただ、先週も書きましたが、事を起こさなければ問題はないはずです。

どういう性癖であれ、どういうタイプであれ、それは同じことではないかと思います。


貴方様が善きロリコンライフを歩まれることを祈っております。

そしてその歩みに、僕の作品がお供となれるといいなと思ってます!

炉姦12 〜アリスたちの膣と感触〜 へのご感想

ザー係で枯れ果てました…

送信日時:2018/05/15(Tue) 00:01
苦魔鬼轟丸さま
新作発売、おめでとうございます!
販売好調、おめでとうございます!
そして、ロリコンの夢をありがとうございます!!

みなさまの感想や意見を見ていると、私がコメントを書くのもおこがましいのですが、控えめに言って最高でございました
ザー係で枯れ果てました…もう一滴も出んぞ…(笑)
オムニバス、面白いですね!
全員に70点80点狙えるのはもしかしたら今後の強みになるかもですね!さく小は端からロリコンにセグメンテーションされているので、ターゲット=ロリコンですし(笑)あ、私もデス(笑)
気になるのは抱き枕等々グッズですね
キャラが増えれば増えるほど、ストライクゾーンは広がるのだと思いますが、グッズが…グッズが…(笑)
苦魔鬼さまのご決断を楽しみにお待ちいたします
あ、もちろん美咲ちゃんグッズ出しますよね?(/ω・\)チラッ

私はたんぽぽ時代からのファンなので(カーツに投票したの懐かしいですw)、ジュブナイル路線で(だからこそのせかけん待ち組ですが)苦魔鬼さまのガッツリとしたテキストも読みたいです
今後も今回のような作品は出されていくことかと存じますが、ガッツリテキストを望む輩もいることをよかったら留めていただけると幸いです

ぐだぐだ書きましたが、総じて満足度は非常に高かったです!サクッと抜きたいときに今後もお世話になりそうです!

さて、話が少し変わりますが、先の凄惨な事件の影響が少し気になっております
こういう事件が起こる度、頭に浮かぶのはさく小のことばかりで…
変なマスコミの誘導等なく、さく小の活動に悪い影響が及ばないことを切に願っております、大きい事件のあとは飛び火する危険もありますのでね…
さく小ファンは、某紙の標語の通り、Yes,ロリータ!No,タッチ!で紳士の道を粛々と。

駄文乱文失礼いたしました
今年はかなり暑くなるようです
くれぐれもご自愛くださいませ
それでは!また!

こちらこそ、ご感想、大変ありがたくぞんじます。

また、お楽しみいただけたようでなによりでございます。


ザーメン係がお好みなのですね!

あの作品は、女の子が皆、攻撃的なので、もしかしたら受けないかもしれないという不安があったものですから、枯れ果てたというお言葉に報われた思いがいたします! 素直に喜んでおりますw


また、オムニバス形式は賛否両論あり、悩み尽きない部分もあるのですが、ターゲットがロリコンという形で決定しているというお言葉、はっとさせられました。結局、ロリコンだから大きく外さないのですよね。なるほど! これは盲点でした!

確かにこれが『一般向け』であったなら、きっと熟女からロリまで詰め合わせになって、誰にとっても使えない部分が出てきてしまいますが、『ロリコン向け』で固定されている以上、オムニバスであってもブレが小さくなる。

つまり、ロリ+オムニバスは思った以上に、相性がいいと言えるのかもしれません。

これは大変勉強になりました。ご炯眼に感服するとともに、お知恵を頂戴できたことお礼申し上げます。


グッズについて、お気遣いありがとうございます。

僕の判断で決定させていただきますね。

たぶん作れても1〜2キャラくらいだと思うので、本当、僕のわがままで決定ということにさせてください。


たんぽぽからご一緒してくださった方でしたか!

それは長いことお付き合いありがとうございます。

テキストをがっつり読みたいというご要望、確かに頂戴いたしました。胸に刻み込んでおきたいと思います。

僕も出来ることならたっぷりとテキストを書きたいと思ってます。

ただ、昨今、ノベルゲームが主体である商業エロゲーの売上が急激に落ちていることや、同人エロゲーでもAVGのシェアが明らかに落ちていることを鑑みると、皆の文章量(読める量)の適正値が減ってきているのかなと思います。

ですので、当面は文章を減らしていく方向で行くとは思いますが、しかしまたチャンスをうかがいつつ、がっつりとなにかを書きたいと思っております。

どうか、お待ちいただければ幸いでございます。


満足度が非常に高かったというお言葉、作者冥利に尽きます。どうぞ、日々のお供にお使いください!


また、例の事件についてですが、今回世論はあまり動かなかったと言えるかもしれませんね。

しかし今後も同様のことがあるたびに、戦々恐々としなくてはならないかと思うと、気が滅入ります。

飛び火は本当に怖いです。

僕は一度、まったく無関係の話(名称事件)で延焼を受けていますし。

しかし、どんなことがあっても堂々としていたいと思います。


悪いことをしているわけじゃないですから(笑)


以上です。こちらこそお便りありがとうございました。

お返事遅れまして申し訳ございません。

貴方様もご自愛ください。では!

手軽にプレイできて、これぞ抜きゲーって感じです

送信日時:2018/05/16(Wed) 12:33
ども、フランクフルトです。新作一通り楽しませていただいたので、また失礼させてもらいました

あれですね。いたずラブのあの場面ですが、たしか社会の窓を開ける音で女の子側が悟ったってのが、一番の興奮ポイントでしたね(/ω\)

あと文章の長さですけど、思い返すとさく小のエロシーンは全体的に長いですよね。

ノベル系とおさわり系だと、何かと違いも出てくるのかも知れません。今まではそこまで気になりませんでしたんで。まあフレンズ1・2は良くも悪くもすごく長かった記憶がありますが。


新作の感想ですが、手軽にプレイできて、これぞ抜きゲーって感じですね。

全部プレイすると、選択画面にポンっと建物が一つ現れて、追加でエロシーンが見れるなんてのがあったらニヤけてたかも。さすがに求めすぎか。

内容はデリヘルが一番好きで、どう呼べば良いか解らないんですが、CGは銭湯が好みでした。

凌辱系は審査を通すのが大変だったろうなと思いながら、ありがたくプレイさせてもらいました。

あらすじだけだとわからないもので、実際にやるとギャグだったりもありましたがw

どれも使えるんで、今後ともお世話になろうかと思います。


それと少しおこがましいのですが。さく小に限らないんですけど、もっと離れた位置からのアングルがあると嬉しいです。

Hしてる二人と背景の割合が、3と7くらいと言いますか。部屋の隅や、天井から見下ろしているとか。

体格差が好きというのもありますが、部屋が散らかってるなどの生活感や、少女趣味な部屋の端、ベット上でまたがる全裸のおっさんなど、興奮材料の一つかと感じます。

前作で言えば、周囲を見るという選択肢もありましたが、風景のなかで一カ所だけ、日常と異なる行為をしている二人が混ざってるのも、個人的にはそそるものがあります。

あくまでも個人の趣味なので、売り上げに繋がるかは不明ですが(-_-;)

それに絵も描かなければ、エロゲも作ったことがない人間の要望です。離れた位置となれば描く部分が増えるし、人物が動くからにはシーツのシワや草木などの背景も考えると、かなり難しい作業になるのかも。


でわ、長くなりましたがここら辺で。

良い抜きゲーをありがとうごさいました。健康に気をつけて、ゆっくり休みましたら、無理なくお仕事頑張ってください。

次回作、楽しみにしてます<(_ _)>

新作のご感想、楽しみに待っておりました! ありがたく頂戴いたします。

ええ、僕の書くエッチシーンは文章量がちょっと多いんです。

たとえば普通のノベルゲームの場合、他のライターさんだと1エッチシーンで10キロバイトは書かないくらいなんですが、僕は基本10キロ以上といった感じで書いてました。長ければ20キロ30キロって感じで。

いたずラブも、全体の文章が721キロあって、ボリュームはかなりあるんですよね。

なにしろエロゲーってフルプライスでも1500キロもあればOKという世界で、700キロのボリュームを2500円で売ってたわけでして、私立さくらんぼ小学校って、ロリを売りにしてると思われてるんでしょうけど、本当はシナリオをたっぷり読めるのが売りだったんですよね(今明かしちゃいますがw)

ただ、その流れでいたシミュを書いたところ長い長いと言われてしまいましたので、今回は短めにしてみました。

ええ、フレンズも長いと言われてしまった作品でしたね(苦笑)

あれは全テキスト完全フルボイスという内容でしたので、長く感じてしまう作りなんですよね。

これらは今後の課題として、いい塩梅を見つけていきたいと思います。

さて、新作のご感想ありがとうございます。これぞ抜きゲーというお言葉、嬉しく思います。まさに今回は抜きゲーとして特化した作りでしたので。

ああ、全部クリアしてのおまけシナリオ、付ければよかったです!

今回は最初から12と決めて、むしろそこから選定して少なくするかも…と考えていたため、追加分を考える頭がありませんでした(苦笑) これは盲点でした。


離れた位置からのアングル! 重ね重ね、ご提案に頭を打ち抜かれる思いがいたします。

いえ、わかります。わかりますとも!

おっしゃってることは、いたずラブにあった、超引き視点ですよね。

いたずラブでは、公園の端から二人を映すという構図を差し込んであります。

実は僕もまったく同じ趣味をもっていて、『空間』大好き派なんですよw

もっと言うと、実は私立さくらんぼ小学校のエロゲーって、引き構図が多いんですよ。だいたいエロゲーって、画面いっぱいに女の子が描かれるじゃないですか。それこそ、画面の右上に顔があって、左下に股間があって、隙間無く女の子で埋め尽くされた構図になってる。だけど、さく小はそういう構図があまり多くないんですよね。

というのも僕が空間が好きだからです。

だから、おっしゃるような背景の生活感が見えるような構図も常々やりたいと思っておりまして…。

ただ、これエロゲーにとって諸刃の剣なんですよね。エロゲーって画面いっぱいに女の子を大きく見せた方が、画面映えしますから。エロの迫力が無くなって、他社商品に画面負けしちゃう。

また、引きで描いてしまうと、今度は部分アップも出来なくなってしまいます。うちは原CGをかなり大きく描いていて部分拡大出来るように作ってるのですが、構図で引きすぎるとこれが不可能になってしまうんですよね。

というわけで、やりたいと思っていても断念する状況が続いていたんですよ。

いずれまたやりたいとは思ってますが、難しいかなあ。

今回は趣味が同じということでご納得くださいw


こちらこそ、ためになるご感想、ありがとうございました!

どうか、今後も末永くお付き合いできることを祈っております。

それではまた!

優しく明るく楽しそうに小学生がサービスしてくれるのが本当に良かったです

送信日時:2018/05/17(Thu) 10:28
炉姦12、DiGiket様で買わせてもらいました。
「ロリータ天使デリヘル結衣」がシチュエーションも声も最高でした。
優しく明るく楽しそうに小学生がサービスしてくれるのが本当に良かったです。
デリヘル結衣ちゃんの話だけで一本のゲームを作って欲しいくらいです。
お願いすれば笑顔でパンツを見せてくれるとか、
くぱぁしてくれるみたいな感じの作品も見たいです。
結衣ちゃんは声も最高だったので、
今後も同じ声優さんを作品に起用してくれると嬉しいです。
小学生がロリコンを肯定する淫語を次々と喋ってくれる作風が素敵です。
今後も頑張って下さい。

ご感想、ありがたく頂戴します!

最高というお言葉、作者冥利に尽きる思いがいたします。とっても嬉しく思います。

デリヘル結衣ちゃん、シチュエーションとお声がお気に召したようでなによりでした!

そうそう! 彼女は本当に楽しそうなんですよねw

元気よく腰を動かす姿を見てると、微笑ましくなってしまいますw

特におっしゃる通り、杏子御津さんの演技が素晴らしかったと思います。

結衣の魅力は半分以上、杏子御津さんの魅力であると言っても過言ではないかも。

結衣で一本のゲーム、いいですね! 笑顔でパンツ見せてくれる結衣、くぱぁしてくれる結衣、ああ、いいですなあ。僕も見てみたいですw

しかし、それをやってしまうと他の作品を作れなくなってしまうので…うーん、難しいところです。

うちは二人だけでやってる零細企業なのであれこれはできないのです(苦笑) どんどん新作を作っていかないと潰れちゃうんですよ…。

声優の杏子御津さんにはまたなにか機会があればお願いしたいと思ってます。

そして、小学生がロリコンを肯定する淫語。なるほど、そういう作風が良いのですね。バブみと淫語の組み合わせってことでしょうか。

わかりました。実際やるかどうかはわかりませんが、念頭に入れておきたいと思います

こちらこそ。ご感想、ありがとうございました。

大変ためになりました!

送信日時:2018/05/25(Fri) 22:04
メインメニューバーの設定で画面中のアイコン表示を消せるようにしてほしいです キーボードのショートカットキーがあるのでなくてもいいかと・・・ 画面に集中したいので字幕とかも消しちゃうタイプなので気になるんですw

お便りありがとうございます。

なるほど。確かに諸々の表示を消せた方がスマートですよね。

それは考えて作ってませんでした。

設計に関わっちゃうことなので、出来るとしたら次回作からかな…。

分かりました。頭の中に入れておきますね。

ご意見、ありがとうございました。

というわけで

今週はこの辺で!

2018.06.04 炉姦12・ご感想紹介!その3他

ども! 苦魔鬼轟丸です。

先週は更新しなくてすみません。

最近、たるんじゃってますね。いけません。

新しいゲームの企画やってるからかな。妄想する毎日になるので、どうしても気持ちがふわっふわしちゃうんですよね。

って、そういう言い訳してるからダメなんです。

というわけで、気を引き締めて日記を書きたいと思います!!


最近の出来事。

先週、けやきひろばビールフェスティバルに行ってきました!

屋外開催だったんですが、友だちが場所取りしてくれてたので、安定して飲むことができました。

お友達さんありがとう!!


今年もナインテイルドフォックス、飲みました!

熟成ビールですね。

今回は2000年だそうです!


2000年かあ…ああ、あれだ。僕が商業デビューした年だ。


ご存じない方に説明いたしますと、僕は大学を卒業するやいなや、なにを考えたかそのまま会社を興して、エロゲーを出してしまったのです。

ちなみに売上は2000本。

3000本売れれば一人前と言われた時代でしたので、まあ、残念ながら…という結果でしたw

ただ、当時はこれで爆死して借金背負う人も多かったので、無謀なことやったわりには成功したと言えますかね(苦笑)


ちなみに2000年という年は、虚淵玄さんが商業デビューした年でもあります。

(ついでにいうと奈須きのこさんが月姫で同人デビューした年でもある)


そう、僕と虚淵さん、同年デビューなんですね!


…はい、そこ。

エロゲー業界の光と影とか言うの絶対にやめてください?


泣きますよ!?(どん!


くうぅぅぅ! なんだかビールがやけに苦いぜ…!!



というわけで、いろいろ食べながら、たくさん飲みましたw

炉姦12 〜アリスたちの膣と感触〜 へのご感想

というわけで、今週もまた新作・炉姦12のご感想とそのお返事です!

凌辱物において男性ボイスは重要だと主張したい

送信日時:2018/05/13(Sun) 15:57
男性ボイスいらないって意見やっぱり出ましたね
ですが自分はあったほうがいいと思います

今回みたいに輪姦プレイがある場合に男の声があるとないではエラい違いだからです
1対1のセックスの場合は主人公は自分なので声があると違和感がありますが多人数プレイになると他の男の声がいいアクセントになります
自分以外がいると嫌でも認識させられある種のNTR的興奮があるからです
儀式のやつなんてNTRはされませんでしたがオッサン連中にいつ挿入されてもおかしくない雰囲気でしたのでせめて処女くらいは・・・
なんて思わせるいいシュチでしたw
保護施設の話では自分以外の男とプレイすることを声があることで実感がわきました
ザーメン係では男子達の無邪気で女子に対する対抗意識みたいなものが声から感じ取れて最高でした
(ショタだからって女性ボイスにしないでくれて感謝です、女性ボイスだとレズっぽく感じて萎えるので・・・)
あのやりとりは字幕だけでは絶対に伝わらないので演じられた男性声優さんの演技力が素晴らしかったと思います

凌辱物において男性ボイスは重要だと主張したいです
強制フェラで黙って(字幕でセリフあっても)咥えさせるよりドスのきいた声で「くわえろ」とあるだけでエロさが段違いに上がります
ロリに隠語をしゃべらせるのもエロイですがロリを言葉攻めで辱めるなんてのもエロイですよ

それとよく男性ボイスをカットして他の部分に回せみたいな意見ありますがカットしてもそこまでクオリティ上がるとは思えないのでカットはしなくていいかと・・・
(まあオンオフは必須だと思いますが)
最初からあってオフにするのと最初からないのでは天地ほどの差があるので

力強いご意見ありがとうございます!

そうですね、男性ボイスについては昔から、それこそエロゲーにボイスが付いた当時から語り続けられる命題とも言えますね。

輪姦プレイにおける男性ボイスの重要性ですか。いや、この視点は僕にはなかったもので、感心させられました。

輪姦なのに男性がしゃべらないと臨場感がない。確かにおっしゃる通りです。

逆に「主人公は『自分』なのだからボイスがあっては困る」これもまた、深く頷かされてしまいました。僕は主人公であってもボイスがあった方が良いという考えだったのですが、おかげさまで信念がぐらぐらと揺らいでおりますw それだけ至言であると存じます。ありがたく頂戴させていただきます。


ザーメン係の男子達は、男性声優さんたちに演じていただきました。

普通、男子小学生は女性声優さんに演じていただくものなのですが、うちの最近の作品はヒロインの声を低めに演じてもらっているので、区別が付きにくくなることを危惧しての選択でした。

(まあ、それだけでなくて、うちは昔から少年ボイスに男性声優様を起用することが多いのですがね)

それが結果的に対抗意識を演出することが出来たのは僥倖でした。いただいたお話で、この方向性で間違っていなかったことを実感いたします。


また女性声優さんの演じる男子はレズっぽく感じてしまうという発想は、新鮮なご意見ですね! でも、確かに分かる気もいたします。

どこか男の子っぽくないのですよね。妙に粗野だったり、妙にかわいかったりと、思い描く男子とは微妙にズレてしまうというか。

もちろん内容にも依るとは思います。今回は男子が攻撃的になる内容ですからマッチしていますが、これが逆に女子にかわいがられる男子達という内容でしたら、声変わりした男性声優さんたちのボイスは合わないでしょうしね(苦笑)


あと、男性ボイスの予算のお話なんですが、さほどお金のかかるものではないので、今まで通り行きたいと思っております。

僕は基本的にはすべての台詞にボイスを付けたいと思ってるくらいなのでw


というわけで、ボイスへのご感想とご意見、ありがとうございました!

ズタボロにやられました

送信日時:2018/05/14(Mon) 00:15
 せかけん教徒のsuzukiです。

 炉姦12、ようやく全シーン堪能しました!
 いつもと同じくdigiketで買いました。しかし比率的に少し落ちたとは言え、DMMの力は依然圧倒的ですね……。

 全体的な感想として、何より真っ先にお伝えしたいのは……

「表現が守られたことに万歳!!」

という一点!
(以下、一部省略)

 次に驚いたのが、目のキラキラ加減。そして、落涙のアニメーションです。これもまた、苺で絶対にやってほしいところです!
 アニメーションの進化は見事すぎました。発売の延期は大正解でしょう。いたシミュでもそれが奏効したので、「納期が無いこと」のプラス面はマイナス面を補って余りあると感じました。
 それに、あれだけのアニメーションなのにロード時間が一切存在しないのにも驚きました。プレイのしやすさ面では、これ以上は無いでしょう。


 「人気はティオと結衣に偏るだろうなと思っていた」
という日記の下り、完っっっ全に僕の印象と同じです。僕が先生の作品を読み続けていきたいと思うわけだ、と痛感するしかありません。
 気になった順のまま、

1:デリヘル
2:僻村
3:異世界

とプレイしてみて、ティオ(の想い)にはズタボロにやられました。ここでいったん中断せざるを得ないほど、クるものがありました。
 僕はティオみたいな展開に大満足ですが、「偏った価値観に囚われすぎてしまったところにも一因があるのではないか」とは真実かもしれません。「全てのジャンルはマニアが潰す」とも言われて久しく、リピーターしか顧客が付かなくなってしまうと、発展・躍進は見込めなくなってしまいますからね。
 電車痴漢がヒットしている事実は、さらにその証明を手伝っているものでしょう。ロリ陵辱がどれだけ欲しがられているか、という。「さく小はそれをやらないで来た」と知られていてなお、そこに評価が集中する……。「餅は餅屋」と言っていられないマーケットの状況、無視できないですね。
 そこでいたシミュは「評判が評判を呼ぶ」という格好で、「遠方からもお客さんが来る」=「ロリ好き層以外からも食指が伸びている」といった感じを強く受けます。いずれ、DMMだけでも2万本に達するでしょう。いたずラブ・椎子ラブを合わせたよりも売れているとは……マコちゃんマジ女神!です。


 シーンごとの感想としては、やはりティオに尽きます。
 忌憚なく言ってしまうと、異世界のシーンはベタではあるかもしれません。しかし、それがイイんです。「私にとっての勇者さま」って下り、最高でした。ええ、僕は「偏った価値観に囚われている」状況です。
 ティオ自身が魔法使いでも何でもない辺り(最大MPが0、杖もただの棒きれ)には、声を出して笑いました。でもそんな雰囲気は、彼女の過去を聞いていて吹き飛びました。彼女がこれ一話で終わってしまうのが、惜しくてたまりません。
 自称勇者のヒドさ(知能が小卒並み)は、過去作品でも随一ではないでしょうか。(今作ではもっとひどい奴等が続々出てきましたが)あそこまでひどいのは初です! そんな彼が、ティオとの旅の中で少しずつ成長していく姿は是非見てみたいものですね。
 これのドラ○エっぽさには、何度も笑わせていただきました。「子宮に卵子がいません」とか、「ティオは小便を漏らした」とかの説明表現が新鮮で。私立さくらんぼ小学校の「ダンジョン幼女マスター」を、いつの日かきっと……!
 声は両バージョンとも甲乙つけがたいですが、リアリティの面では低めの声のほうに軍配です。明るい感じの声は幼女っぽさは薄いものの、12歳以上の設定なら大アリでした。自然な感じで、大変お見事です。どっちが好きかと問われれば、明るい声のほうと答えますね。しかし、場面に合うのは低いほうでしょう。先生が悩んだのがよくわかりました!

 「ふんどしわっしょい」ひなたくんも良かったですねー。2番目に気に入りました!
 あんなにノリノリな子って、これまでいませんでしたよね。あの利発さで、最後にお尻を振りながらおしっこまき散らすところなんて、大物感がスゴすぎます。あそこまでに至る過程、短編としては良さげですね。
 これと好対照なのが、「はじめてのセックス」でした。こちらも甘々な幸せ和姦を想像していたら、見事裏切られましたね〜……。それでも最後にプロポーズされる辺り、いたシミュの元ストーリーの名残をちょっぴり感じます。

 デリヘル結衣ちゃんは、天使(或いは淫魔)だと思うことにしました。ちょっとア○ターゾーンっぽいあの終わり方を見て、淫魔や天使による幸せ性体験オムニバス集も面白そうだな……なんて感想が先立っています。すると、300歳の幼女とかが出てきちゃいそうですけど……。
 結衣ちゃん自身は目のキラキラがとにかくスゴかったですね……やはり人外の持つ魔力なのかな?と思わせるに十分です。キスで視界がにじむバーチャル感もイイですね!

 「ザーメン係」の発想はお見事もお見事! あの狂気な学校だけで、1本行けそうですね。5年から設置される係だということは、始業式の後に5年生はそのまま体育館で「初めての性教育」……6年代表が実演、とかですかね?
 あんなことを目の前で見せつけられては、女子としては「初めては意中の男子で!」と焦るでしょうから、学内カップルも爆発的に増えて、そこここで……って展開が想像されます。1学期の係と正式に恋仲になる男子の話とかも面白そうです。
 他の方もおっしゃるとおり、このシーンには「5年生らしさ」がもっと欲しかったところではあります。投票で選ばれた、ということは、彼女を好きな男子が少なからずいたということ。「十河の処女は絶対オレによこせ! お前のために、1学期は童貞のまんま我慢したんだ!」っていう純情男子の告白からの展開とかだったら、僕的にはサイコーでした。

 電車痴漢では、「『知らずに乗っちゃう人』が主人公だったとは!」と、前髪をガサッとかき上げました。最後は八千穂ちゃんが笑顔なので良かった、と言うか救われました。
 僻村の三沙ちゃんは、「がんばれー」っていう表情が良かったですね……今作で最も、後日談を見たくない回です! それと逆に、この子と仲良くなっていく過程は見てみたかったところ。村の衆は主人公をロリコンだと言っていましたが、もう6年だし、この子の美女っぷりは相当ハイレベル……リアル寄りということもあって、僕のプレイしてきた中では随一の美女かもしれません。さらに巫女衣装で清楚さ補強しているので、ストーリーがあったらそれはそれは強烈だったでしょう。
 「銭湯にて」は、何も考えないで鑑賞できるライトさが高ポイントです(ホントはすっっっごくヘビーなことヤってるんですけどね)。欲を言えば、お風呂場だけに「自発的なおしっこ」を見せてほしかったところ。年齢が年齢だけに、催したら恥じらいも無くやりそうですから。目の前で見た主人公の理性がブッ飛ぶ、みたいな展開だとなお良かったです。
 「22世紀小学校」では、導入部の苺レリーフや過去作品の数々が掲載されていた辺りにニヤリ。ラブズライトの世界との関連性を期待しました。そして、ラブズライトの世界が生んだ破壊力は凄まじい……それを改めて感じました。


 オムニバス形式には、ストーリー重視派としては確かに物足りない感を受けてはいます。加えて、いたシミュでの「ここからこっちへの派生が……」という「攻略」は大変でしたが、ゲームというものの本質としては正しかったのかもしれません。
 しかし、サクサク見たいところだけ見に行けるのは◎。EDが無いからコンプを考えなくてもいい。これは「和室やいたシミュの」と言うより、むしろ「椎子ラブの発展進化形」と言えるのではないでしょうか。先生も自発的にプレイを繰り返すというのが、その何よりの証左でしょう。「お座敷釣り堀」、ついに結実した感があります!


 直前の日記から、お二つだけ。

@> 本来描きたいものは「ジュブナイル」というジャンルで、幼い男の子と女の子が、世の中の理不尽さに痛めつけられながらお互いの傷をなめ合いつつ、二人で成長していくというストーリーをやりたいんですよね。

 この下り、1ミリの狂いも無く完璧に僕の急所を衝いています。そうです、これです! これを読みたいから、僕は先生のファンで続けているんです! これこそ精神的大好物です。
 「傷をなめ合いつつ」っていうところ、子どもだからこそ素晴らしく輝くところですよね。高校生以上でやってたら、「うわぁ……」って感じですよ(最近のラノベとかでは、そういうのも珍しくなさそうですがね)。
 昔はそれこそ世界名作劇場が担ってきたジャンルですが、少子化のあおりもあって、そういう枠自体が絶滅してしまいました。それを見せてくれるのは、僕の出会った限り先生の筆致だけです。しかも生々しく「汚らわしい」性愛が包み隠されず用いられていることで、現実味と説得力が格段にアップしています。求めていた以上のものが、先生の筆致にはありました。
 でも売り上げという壁がある以上、それをゲームにし続けることは難しい……それはわかります。お仕事を離れて、趣味で書いたものをPDF版で細々売る……という手法は、どうか頭の隅に置いておいていただけませんでしょうか。

A> 凌辱というジャンルは、主人公の女性がなんらかのテーゼを持っていて、そこに強姦者がアンチテーゼを突きつけ、行為の果てにジンテーゼを得るという流れになると思います。

 この下りには、2013年11月19日ごろに和室の感想に絡んでお伝えした

「先生の「持たざる者のはずの子どもに、陵辱を受けて崩壊するものなど……」という論は至極もっともと存じます。ならば!と、逆をやるって手はありません?
 椎子さんはリア充只中の前途ある理想的童女ですが、敢えてあの駄一郎を選ぶことで、その愛の深さを示しました。その逆で、反リア充(「非」リア充とすべき?)な子が陵辱という形ででも「♀として」対等に扱ってもらうことで、初めて自分という存在を獲得する……みたいな。和室と同系統ですが、幼女が……って辺りの違いは大きいんじゃないかなと。クラスメートの女子たちと比べれば、それはもう対等どころじゃないレベルに人格が出来ますよね。ましてその中でいじめられている・浮いているなどであれば、いっそう引き立つ対比構造が出来るような。いじめられ慣れてるキャラなら、陵辱を受ける下地もあって、よりやりやすいかと……。」

という主張とピッタリなのを嬉しく思います。

・「なんらかのテーゼ」=「学級で値打ちの無い女子」
・「アンチテーゼ」=「大人からは魅力的な性対象」
・「ジンテーゼ」=「もはや子どもでない、でも社会的には子どもな存在」

こんな感じになるかと。
 陵辱は嫌いなジャンルなんですが、先生の筆致でならもう1本くらい見てみたい!


 前のお返事へはリアクションできておらず、申し訳ありません。
 近々、またお書きしますね。

お久しぶりでございます。いつもご感想ありがとうございます。

今回もプレイしていただけたようでとっても嬉しいです。


さて、今回表現が守られたことは、僕も本当に喜ばしく思います。ゲームにおけるロリータ表現の火を絶やさずに済みました。

経緯としては…そうですね。

結局あの事件は、警察の天下り組織立ち上げに関する支配圏争いの中で、ソフ倫が自分たちの都合で同人規制に走らざるをえなくなって、ロリータ表現をスケープゴートに差し出すも、結局、最終的に飲み込まれるという、ソフ倫の存在自体が同人に迷惑をかけてしまったという話だと理解しています。

(それなのに業界人は一切悪びれていないのが本当に屑さ丸出し)

ソフ倫が要らんことして脅して回ったせいで販売店が必要以上に萎縮してしまいましたが、最終的に警察配下になるのだから、販売店さんはロリ表現を全面禁止にする必要はなかったということなんですよね。

第一ソフ倫もそこまでしろとは言ってないですし。

そのことを正しく理解していたのはdigiketさんだったということですね。

DMMさんも大丈夫っぽかったのですが、標的にされがちなサイトですので、あえて避けました。ソフ倫の同人規制は今も生きているはずですので、通報を受けやすいDMMは危険だという判断です。

以上、経緯はこんな感じです。あまり大声で喧伝するとやぶ蛇になりかねませんので、このくらいでw

(ご投稿、ちょっと部分的に削除させてもらいました)


目のうるうるアニメーション! よくぞ、お気づきになってくださいました。さすがによく見てらっしゃる。

みそおでん先生が今回から新たに付けた演出です。常に瞳が潤んでいる感じがあって、美少女感が増した気がしますね。

また、アニメーションもかなりレベルがあがってますよね。大昔、それこそいたずラブなどと比べると、非常になめらかになっています。うちがAfter Effectsでアニメーションをはじめたのは2008年年末作品からなので、実に10年の進化がここにあります。


さて、お好みのシナリオですが、デリヘル、僻村、異世界の順ですか。いやなるほど。僻村の淫祀が高順位というところがポイントでしょうか。あれが一番、『物語』としての構成を持ってますからね。お話好きな方が好みやすいシナリオということなんでしょう。


ティオの想いが非常にお気に召したようで、報われた気がいたします。

そうですね、書いた僕もあのティオの独白のシーンはぐっときてしまいますね。

また、この話も、子供を騙してパーティに入れているという設定から、実はティオの胸のうちには〜という構成があるため、これも物語を好む方が気に入りやすいのかなと思いました。


また、顧客と発展についてのご高見、大変勉強になります。新規層が入ってこないというのは本当に怖いことだと思います。

だから僕は最近、同人エロゲーを中心にプレイして勉強させてもらってます。

一昨年あたりまでは商業作品から学んでいたんですが、その学び先を同人にシフトしました。商業はもうダメかと思いまして。

しかし同人エロゲはすごいですね。皆で脱ノベルの方向性を模索し、作品を通じて意見を出し合ってる、そんな空気を感じてます。

大昔の、ノベルブームが訪れる前の時代の(MS−DOS時代の)エロゲーを思い出しますw


そして、電車痴漢が人気が高かったことは、もう僕にとって、様々なものがガラガラと崩れ落ちた衝撃がありますw

何しろ、あれ、動画を見るだけの内容ですからね。

同人には動画集というジャンルがあります。動画が表示されてパラパラと観ていくだけの内容。それをやってみたのが電車痴漢だったわけですが…いや、これがウケるとは(苦笑)

抜き目的としては、余計なものを極限までそぎ落とした内容の方がいいということなんでしょうか。

ノベルゲームが売れなくなるわけですよ。本当に勉強になりました。今回は。


いたシミュは、またここに来て売上が伸びていますね! 非常に嬉しい限りです。

今、ロリは、各ダウンロード会社さんにバナー広告を打ってもらえません。営業の方にはっきりと「無理です」と言われてしまいました。

自分たちで売れるしかないので、新規客さんが来てくれることは本当にありがたい。

さすがマコちゃん。本当にこの子は持ってますよw


ティオに尽きるというご感想、いや、僕もまったく同感です。

書いた僕もティオみたいな一途の女の子が大好きなものでw 作者が囚われている状態です(苦笑)

この設定は、もともと僕が「もし異世界ファンタジーを作るなら」というネタとして持っていたものなんです。とっさに用意したものではないので、相応のポテンシャルを持っているのですね。「惜しい」と思われるのはそのためで、そのあたりやはり鋭いお人だなと舌を巻く思いでございますw

また、ティオのボイスについてのご感想ありがとうございます! 明るい声の方がお好みですか。確かに「ティオっぽさ」を考えると、明るい方がマッチしているのかなとも思います。すべてを理解して主人公を支える大人っぽさを秘めている子でもあるので。そういう意味では「12歳以上の設定なら」というお言葉は、まさしくその通りだと思います! でもティオはまだ10歳の子でもありますし、お話も「何も分からない幼女に」という前振りがあるので、無垢な幼女っぽい声で演出したかったのですよね。それで悩みに悩んでああいった結果になってしまいました。つまり、どんでん返し構成の、返す前と後、どちらに合わせるか問題ですね(苦笑)


それから電車痴漢についてなのですが、いや、よくぞ気づいてくださいました!

「『知らずに乗っちゃう人』が主人公だったとは!」、これです。

あの導入文はミスリードを誘うように作ってまして、プレイする前と後とで、まったく意味が逆になるようになってます。

細かいところですが、気づいて貰えてよかった…!w


それから、銭湯に、自発的なおしっこが欲しかったというご意見。これは、その通りでした。いや、そうだ。銭湯なんだから、子供はおしっこしますもんね! やればよかった!!w ここはかなり後悔しておりますw


また、今作のコンセプトについて、椎子ラブの発展進化形というご意見ははっとさせられるものがありました。

そう、椎子ラブも、お手軽感を標榜したのでしたね。

今回はまさにその方向性を突き詰めたものだったのだと、今さらながらに気がつきました。

お座敷釣り堀、いや、よくおぼえてらっしゃいますね。本当に嬉しく思います。

今作は、いたシミュの次の作品だから、どうしてもいたシミュと同シリーズとして見られてしまうことが多いように思います。

ですから、サクサク見たいところだけ見に行けるのは◎、というお言葉に、救われた思いがいたします。


それからジュブナイルについて。僕と趣味が合うのですね! 出来たら僕も自分の好きな作品を出していきたいとは思ってます。

ただ、趣味として執筆するということも考えなくもないのですが、ごめんなさい。僕はそれがどうにも出来ないのです。

僕はどうも並行作業が出来ないみたいなんです。

一つの企画に取りかかっている間は、別の企画ができない質のようで、まったく書けません。ムリヤリやろうとすると、最初に取りかかっていた方の企画が今度はまったく書けなくなってしまうんです。

だから、仕事でゲーム制作をしている以上、小説を書こうと思っても書けないんです。

それこそ一度、仕事を休むしかない。だけど、そんなことをしたら、会社が倒産してしまいます。

というわけで、ご希望に添えるようがんばりたいとは思うのですが、今後もちょっと無理かもしれません。

だからこそ、なんとかして「ゲームで」実現させたいと思ってます。


それから凌辱について。

これは非常に勉強となるご見解! ありがたく頂戴いたします。

なるほど! おっしゃる通り、少女側にネガティブな感情を設定すれば、凌辱者に共感させることができますね!

これはなかなかいい設定です!


力が欲しい少女と、子供にしか性欲を抱けない男。二人の利害が「H」という形で一致する。いいじゃないですかw


ただ、ですね。

僕の個人の見解として、なんですが…。

これだと僕なら和姦で書くかなあ。

いや、半凌辱かな。和姦と凌辱の間を行くような…。レイプではなく、いたずらくらいで収まる感じ。

まあ、好みの問題なんですけども、僕はこの設定なら凌辱といった形では書きたくないです。

これでレイプとかやっちゃうと、小学生の母性という繊細さが失われてしまう気がします(あくまで苦魔鬼の感覚です)。

レイプではなく、いたずらされてしまうのだけど、ロリコンに必要とされる己に価値を見いだしていく物語といった方向がいいんじゃないかなと思います。


もちろん、これらは僕の好みの問題です。

この設定を思いついた貴方様はこの作品を凌辱で書けるのだと思います。

貴方様の中にある凌辱の文法がこれなのでしょう。

つまり「作家性」というものなのではないでしょうか。


そして僕の作家性は凌辱がちょっと苦手のようですw

いただいた設定を見て、和姦にした方がいいってなっちゃうんですから(苦笑)


とはいえ、凌辱をまた書いてみたいという気持ちもなくもないです。

乳学校でなら、たぶん書けると思いますし。

また、チャンスがあったら書いてみたいと思います!


というわけで、所々はしょってしまいましたが、ご感想ありがとうございました!

お返事

くまき先生は、妄想だけでなく実行してみたいと思ったりすることはありますか?
私は溜まってくるとつい色々考えてしまいます。
抜けば収まるのは分かってるので実行はせずに済んでますが、年々強くなってきてる気がするんですよね…
製作者の皆さんはどのような情熱で製作されてるんでしょうか?

お便りありがとうございます。

ご自身の性欲について悩んでいらっしゃるのですね。


ちょっと物騒なたとえですが、「あの野郎ぶっ殺してやる!」みたいに思うことってあるじゃないですか。

誰でも瞬間的にわっと感情が吹き上がる瞬間がある。


だけど、実際に相手を殺すまでには、距離がありますよね。

たとえば、刺すための包丁を仕入れたり、相手の普段の行動を調べたり、そしてなにより、それを持って実際に殺害に行くという行動そのものをしなければならない。


大事なことは最終的な行動に行き着かないようにするということだと思います。

そのどこかで自制をかければいい。


感情をコントロールすることがなにより寛容であると。


じゃあ、どうやってコントロールするのか。

自分の場合はどうなのかを考えてみました。


僕の場合は、やはり創作活動が大きいです。


僕は十代の頃からずっと小説だのシナリオだのといったものを書いてきました。だからムラムラとした想いはそっちにぶつけてきたというのがあります。


いや、たくさん書きましたよ〜。

美少女と一緒にお風呂に入ってエロいことをするだけの小説とかねw

だいたい同棲モノが多かったと思います。


また、実際に作るだけではなく、設定を考えることも解消になります。

あーでもないこーでもないと、ちんちんいじりながら考えると、脳がフル稼働する感覚がありますね。


ちなみに2004年に書いたフレンズは、僕がオナニーのときに使っていた定番の妄想を形にしたものです。

僕が資産家だったら親戚中から幼女を送り込まれてしまうかもしれない!!(゚∀゚)

そういった荒唐無稽の妄想を物語になるまで昇華させるのです。相当の妄想力が必要になります。


もちろん、創作が性欲を完全に満たすことはないです。

禁酒する人にとっては甘いコーヒーが気が紛れさせるとはいえ、甘いコーヒーがお酒を飲むのと同じ快楽を与えてくれるわけではありません。

それと同じで、創作はあくまで別の方向に気持ちを持っていくというものです。


ただ、そういうことであれば、効果あると思うんです。

なにせ目的が創作物の完成って方に向かいますからね。


子供を襲うなんて暇なことしてられない(苦笑)


だから可能でしたら、ご自身でも実践してみてはいかがでしょうか。

性欲を上手く、創作意欲に向けられれば、かなり上達するかもしれませんよ。



まあ、あとは、エアダッチ、抱き枕、女児下着などを使ってますかね。


一時期、エアダッチ(空気嫁)にハマっていた時期があります。

宇佐羽えあという商品でしたが、今もあるみたいですね。

これにお洋服を着せて、抱っこしながらちんちん入れたり、ランドセル背負わせてバックで突いたりしてましたw

もう今は勃起力がなくなってしまったので使ってないんですけどね。

お若いのでしたら楽しまないと損かもしれませんw


それから、最近は下火になってきましたが、抱き枕もいいですね。

お布団の中でちゅっちゅできるので、キスしたい意欲を充足させることができますw

僕は本体を6本買って、部屋にずら〜っと並べてます。

そして、片っ端からちゅっちゅちゅっちゅとしていくのです!

寝るときは両腕に抱えて寝ます。

このために抱き枕カバーはせっせと仕入れてます。


あと、女児下着も意外といいですね。

女児には大きい子も存在するため、下着も165センチサイズくらいまでは普通にあるんですよ。

このサイズなら、おっさんでも履けるんです!

というわけで、かわいい下着を買って履きますw

これは女児になりたいのではなくて、女児と同じものを身に着けることで精神的な交合を得るという意味があります。

ネタじゃなく今も履いてますよ?w


というわけで、僕の場合、己の性欲をコントロールするために、


女児パンツを履きながら、

抱き枕にちゅっちゅしつつ、

ランドセルを背負ったエアダッチにおちんちん入れて、

ロリコンゲームのシナリオを書いている


こういうことをしています。


うん。

まごうことなき変態ですなこれは(笑)



しかしまあ、ここまで解放すれば、だいたいなんとかなるのではないでしょうか。



大事なことは、『事を起こさない』ことですからね。


どこかで思いとどまれればいいということです。


そのために色々あがいてみる


これが大事なんじゃないかと思います。


とりとめがなくなってしまいましたが、小児性愛を抱く者としてなんらかの一助になれば幸いです。

社会の厄介者扱いされてしまう性癖ですが、罪を犯さない限り文句を言われる筋合いもありません。

堂々と己のコントロールをしているのだと誇って良いと思います。


お便りありがとうございました。



追記 20180608

ごめんなさい。以上の返信ですが、書き切れてない部分と、あと訂正したい内容もあるので、後日、もう一度お返事しなおします。

ロリコンが家の中で妄想を膨らませるとチャイモになるかのように読めてしまうので。

というわけで

あ、そうそう。なんかこんなことがあったみたいですね。

こういう話の時、すぐさま「まったく同人は」的なこと言う人が出るんですが、まったくもって的外れでしょう。

そんなこと言ったら商業エロゲーこそ結構やってますからね!

ISによく似たキャラが居たり、FGOっぽいキャラがいたり…。

実際に怒られた例だと、ギャラクシーエンジェルに似たキャラが引っかかったり、FFっぽいロゴが製品版では差し替えられたりなんてことも…。

キャラやロゴのパロディで怒られることは、商業ソフトこそ枚挙にいとまが無いわけです。

第一、ソフ倫会長の会社なんてチンギスハーン事件と同様の大きな揉めごと起こしてもおかしくないキワッキワのパロディ作品を作ってるんですから。

パロディやってるのはみんな同じ。

商業も同人もなく、たまに地雷踏んじゃう人が出る、それだけのことです。


ちなみに僕は発売と同時に買ってダウンロードもしてます!w

サークルさんは、ここが正念場なので負けずにがんばって欲しいです。


ではでは〜!




苦魔鬼に訊いてみたいことがありましたら、ここから送信してください。
お答えできる内容なら、できるだけ日記の中でお答えしますんで。

私立さくらんぼ小学校 総合トップページ はコチラ→“ kodomo-h.com ”